デリヘル通の迷えるイケないおじさま

デリヘルに通えるだけの遊べる余裕がある男のほうが格好良いオヤジの生き方だと思いませんか

*

デリヘル利用時のラブホのすゝめ

デリヘル利用時のラブホのすゝめデリバリーヘルス(デリヘル)を利用する際に繁華街に近い一人暮らしの男性は自宅にデリヘル嬢を呼ぶ傾向が強いですが、実はラブホテルを利用した方がお得な場合が多々あるのをご存知でしょうか?

一般的に自宅に呼ぶとする男性が考える利点とすれば、外出するのが面倒、プレイが終ればそのまま部屋で寝ていられる、ラブホテルの休憩料金を節約して総額が安価になるなど、自宅で利用できるならばこれほど便利なものはないと考えています。

そしてラブホテルを利用する人は家族がいて絶対に自宅は使えない、近所に知られる心配があり風俗遊びは知られたくないと言った感じで考える方も多いはずですよね。

ラブホテルを利用するデリヘルのメリット

ラブホテルを利用するデリヘルのメリット実はラブホテルならば案内可能でも、自宅ならばNGにしている女性は意外と多く、それをお客様にオープンにせず、予約でいっぱいなどという他の理由でお断りされている場合があるのです。

例えば、自宅への出張がOKな女の子であっても、呼ばれた地域が女性の在住する近所だとしたら体裁良く断るしかありませんよね、知り合いが多い地域などの自宅へデリヘル嬢として行ってしまえば、デリヘル嬢にとっては知り合いに見られてしまい、風俗のバイトをバレてしまう可能性があるからです。

そして人気のデリヘル嬢で予約が困難ともなれば、女性としては自宅OKであっても風俗店の都合で多忙時はお断りしている場合もあるのです。

簡単に言えば、人気嬢の出勤時間が8時間として考えて下さい、風俗店とすれば少しでも多くのお客様に案内して売上を伸ばしたいと考えるのが普通ですよね♪

自宅のお客様ばかりを案内してしまえば、風俗店から1人目のお客様は北へ30分、二人目のお客様が風俗店より南に30分とするならば、この時点で移動時間だけで90分も掛かってしまいますが、ラブホテル街での要望のお客様ばかりを選別して案内すれば、移動時間がほぼないので自宅ならば2名しか案内できない時間内に、ラブホテルのお客様なら3名を案内可能となるので、単純に売上は1.5倍に跳ね上がるという訳です。

もちろんデリヘル嬢は自宅をNGにしている女性も多いだけに、実は人気嬢や好みの女性と遊べる可能性がラブホテルの利用者のが断然有利というのが現実なんですね。

デリヘル嬢が自宅要望のお客様を避ける理由

デリヘル嬢が自宅要望のお客様を避ける理由男性目線で考えればデリヘル嬢なんだから自宅でのNGなんて、知り合いにバレなきゃ大丈夫だろと安易に考えるものですが、自宅を避ける理由は結構多岐に亘って様々な理由があるのです。

自宅のベッドを嫌うデリヘル嬢

自宅のベッドを嫌うデリヘル嬢自宅要望のお客様が既婚者であれば、鬼嫁の居ないタイミングでの利用となるので、ベッドは日頃は奥さんと夜の営みで利用するのだからと気が引けてしまう考えをもつ女性がいます。

次に匂いです、自分では無臭と思っても他人のベッドは独特の匂いが必ずあるもので、特に1人暮らしの男性は清潔な男性であっても状況はかわりません、それだけに他人の匂いで一杯のベッドや布団でプレイするのが嫌だと考えるデリヘル嬢がいるのです。

盗聴や盗撮を怖がるデリヘル嬢

盗聴や盗撮を怖がるデリヘル嬢インターネットでの通販で盗撮カメラは簡単に入手でき、わずか2mm程度のカメラのレンズというのも良くあるだけに、自宅となれば容易に盗聴や盗撮の心配が多いのです。

自分だけ見るための観賞用と安易な考えがあるのでしょうが、デリヘル嬢とすれば万が一にも無修正でネットに拡散されたら人生が終了すると思い深刻な悩みとなるだけに、自宅は絶対に嫌がるデリヘル嬢もいるのです。

不衛生で不潔な部屋を嫌うデリヘル嬢

不衛生で不潔な部屋を嫌うデリヘル嬢男性からすればいつもの光景というのが自宅ですが、女性目線で不潔な自宅は結構多いのです、風呂場の足元がカビだらけでヌメっていたり、台所に洗い物の食器が重なっていたりという光景を見れば、万年床の布団やシーツだって衛生的なんて絶対思えないのも事実です。

多少なりと掃除をして気遣いしてくれる男性客がいても、几帳面な性格や神経質な女性であれば、既に論外というデリヘル嬢も多いという事ですね。

ラブホテルの休憩料金はデリヘル店に聞け

ラブホテルの休憩料金はデリヘル店に聞けラブホテルの利用料金はある意味でピンキリで、高額な数万円という一部の超高級ラブホテルというのもあれば、平日昼間の限定した部屋ならば休憩料金は1000円ですという激安ラブホテルまで本当に幅広いものです。

昼間ならば休憩料金として豪華なラブホテルでも非常に安価になっている場合も多く、夜間のラブホテルは宿泊料金しか設定していない処もあれば、24時間いつでも休憩料金で利用できる処もあるという事ですね。

個人でそんなラブホテルの料金体制を把握して、どこのラブホが安いとか調べるのも面倒なだけに、利用するデリヘル店にお薦めや格安のラブホテルを聞いてみると、毎日仕事としてラブホテルへ案内している商売というだけあって、ラブホの情報はどこよりも正確で的確に教えてくれますよ。

あと、ラブホテルによっては休憩料金でも90分限定とか120分限定利用といった特別安価に設定している場合があるのですが、これは個人的なカップル向けではなく、デリヘル利用者向けという事です(笑

ラブホテルの利用時は男性客が先に1人でラブホテルの部屋に入り、部屋番号をデリヘル店に伝えるというのが一般的ですが、デリヘル嬢が予定時間より遅刻されてしまうと時間限定の格安パックの休憩料金にならないというトラブルもあるだけに、こういった場合に一番確実なのが待ち合わせが出来るデリヘル店という事です。

若い女性だと待ち合わせは出来ないと言われるお店であっても、1人でラブホテルに入りつらいからと、車のナンバーを知らせてラブホテルの駐車場で待ち合わせるといった方法ならば対応してくれるなど、それなりに方法はあるものですね。

人気のデリヘル嬢を案内してもらうコツ

人気のデリヘル嬢を案内してもらうコツ人気が高いデリヘル嬢と遊びたいと願うならば、いくつかのポイントを抑えておく必要があるものなんです。

計画的に人気嬢を指名する事

計画的に人気嬢を指名する事適当なデリヘル店に電話をして美人だの可愛い子だのと注文しても、ちょうどお薦めの女性がいますよと言われて期待しても、売れ残りの風俗嬢が案内されて騙されたと怒る男性客がいますが、ある意味で無知だったのが問題という事かもしれません。

それを回避するならデリヘル情報 デリノートなどで好みのデリヘル嬢を見つけてピンポイントで指名する、既に予約で一杯ならば別の店の好みの女性を問い合わせるといった狙いと的を絞った方法が一番失敗しない方法です。

ちなみに、今すぐでなくても何時ならば案内可能ですか?と、時間的余裕を持つのも常識ですね、都合よく人気嬢が暇しているなんてなかなかあるものではりません。

遠方のデリヘル店は頼むな

遠方のデリヘル店は頼むな交通費さえ払えば遠くのデリヘル店も許容範囲だろうと考えるのが安易かもしれません、交通費が高いのは燃料費だけでなく送迎スタッフが専属送迎として近隣待機になるので、ある意味でスタッフなどの経費を支払うから値段がより多く掛かるという事になります。

送迎スタッフは常に数名のデリヘル嬢をあっちへこっちへと分単位で送り迎えをしているのですが、多忙時に1人の送迎スタッフが待機で使えないとなれば運営に支障がでる可能性もあるのです、風俗店としては暇な時ならば遠方のお客様も対応して1人でも売上を伸ばしたいから滅多に行かないし平常時は断る遠方でも交通費設定に記載しているという事ですね。

さらに人気嬢を遠方に送迎してしまえば、移動時間が収益的なロスになるので、売れないデリヘル嬢を遠方に送るのが風俗店の常識といっても過言ではありません、高い送迎費用を支払いブスを案内されるという結果になる可能性があるだけに、できれば近隣のデリヘル店に頼むのがベストという事ですね。

ビジネスホテルで宿泊の際においても、近隣のデリヘル店ならば案内可能であっても、遠方のデリヘル店ではホテルのロビーで女性が停められてしまったなどのトラブルにもなりかねないだけに、出来る限り最寄りのデリヘル店を利用する事をお薦めします。

公開日:
最終更新日:2017/03/14